20代でも手に入る!憧れのマイホーム

20代でマイホームを手に入れられるからくり教えます

憧れのマイホーム、土地代や建物代等のことを考えると資金がと不安になってマイホームを諦めている方、実は、最近は、20代でも家が建てられる時代になってきています。これは、一つは、ハウスメーカの企業努力で、家のコストが大幅に安くなっていることがあげられます。材料の大量発注や、同じような間取りの家の建築といった具合に、材料費や建築工事費を抑えるようにして家を販売している為です。もう一つが、銀行のローンが借りやすくなっていることです。ひと昔前ですと、20代で銀行のローンを借りるのは一苦労だったのですが、今は、ローンの保険も充実してきており銀行も若い方への貸し出しのハードルが下がってきているからです。こういった背景から、最近は、20代でマイホームを持つ方が増えてきています。

将来を見据えて間取りをしっかりと考えることが大事

20代でマイホームを手に入れる際に、注意しておくことがあります。それは、将来を見据えて間取りをしっかりと考えるということです。この将来というのは、自分達夫婦だけでなく、子供や親のことも含めてしっかりと考える必要があります。子供が大きくなった時に、どのような間取りが最も良いのかといったことや、もう一人子供が増えた時にどうするかといったこと、さらに、両親を将来迎え入れる際の間取りまで、しっかりと考えておくと将来、後悔することがなくなるのでお勧めです。家の間取りというのは、リフォーム等で、簡単に変更することが難しいので、家を建てる前に、もしくは、家を購入する前にしっかりと考えておくことをおすすめします。

二世帯住宅とは、同一棟の建物に親・子・孫と3世代に渡る二世帯の家族が住んでる状態のことです。三世代住宅ともいわれています。