終の住処にしよう!後悔しない家づくり

今だけでなく将来を見据えて

マイホームの代表格である注文住宅は自由に設計することができる反面、今の希望だけを追求して作ってしまうと後々思いもよらないような障害が起こる可能性があります。その最たるものが室内の段差で、若い頃は特に不自由を感じていなかったとしても、年を取ると移動に支障を来しかねず、最悪つまづいて大けがをすることにもなりかねません。そのため、注文住宅を建てる際には、現在の家族構成を基に10年後、20年後、30年後の生活をイメージして、そのいずれの場合にも問題なく暮らせるような間取りにすることをお勧めします。例えば、子供が小さいうちはなるべくリビングで家族全員が生活することが多いですが、その成長とともに各自が部屋を持つことになるので予め準備しておくとよいでしょう。

住宅設備はリフォーム可能

間取りと同じく住宅設備についても将来を見越して選ぶことが重要とも思われますが、間取りを変更するのはハードルが高いのに対し、住宅設備はリフォームによって簡単に交換できることからそれほど心配する必要はありません。もっとも、住宅設備の種類によって寿命はそれぞれ異なり、長く使えるものについてはある程度将来設計を踏まえて選ぶことが求められることになります。例えば、浴槽などは子供の人数が多いのであれば、一緒に入っても不自由しないように広めのものを取り入れておくとよいでしょう。一方でキッチンコンロについては簡単に交換できることから、マイホームを建てる時点で希望するものを選んでも将来的にそれほど大きな問題とはならないでしょう。

限られた土地に家を建てるなら狭小住宅があります。日当たりや間取りを計算しながら家づくりを進めていきます。